農家に学ぼう!意外と知らないりんご4971の保存方法!

皆さんはりんごの保存方法を知っていますか。りんごを箱ごと大量にもらった時どうすれば長持ちさせることができるのか、切った後りんごの鮮度を失わずに保存するにはどうすれば良いのかをご紹介します。
りんごは冬季の果物ですし、すぐに腐るものではありませんが、市場に出回っているものはいつ出荷されたものか分からないので、1ヶ月鮮度を保つのが難しいものもあります。りんごは18度以上になると、傷みが進行しやすくなります。冷蔵庫に入れないのであれば、18度以下の直射日光が当たらない涼しい場所で保管するのがベストです。基本的には冷蔵庫での保管が良いとされています。りんごを1つ1つラップで包む、または新聞紙に包んでビニール袋に入れて野菜室にいれます。こうすることで、りんごから水分が失われるのを防ぎます。
次に、切った後のりんごの保存方法です。りんごは、空気に触れると変色してしまいますよね。それを防ぐためには塩水やレモン汁に2~3秒つけ、酸素に触れないように密閉できるタッパー等の容器に詰めます。漬けたまま保管すると栄養素が溶け出してしまうのでご注意ください。冷蔵庫では1~2日鮮度を保つことができます。
りんごの鮮度を長期間保つために、是非試してみてくださいね。